鯨まつり

鯨まつりのイラスト

 

相差町の岬、鯨崎の名として残るように、
流れ着いたクジラにちなみ、また青峯山正福寺の
本尊にまつわる伝説などから、
7月14日、天王祭のこの日に行われるお祭り。
親子のくじらみこしが、町内を練り歩き、
夜には夜店が並び、振舞いや花火大会が行われます。

最新技術と自然との調和

鯨まつりの写真

平成元年6月、
大敷網に一頭の鯨が迷い込み、
町中の話題になりました。
これをきっかけに鯨供養、
会場安全の式典として
行われようになりました。

 

 

 

<<前画面に戻る

 

ページ上部に戻る